不用品回収の流れ

不用品回収の流れを知りたい。流れを知って参考にしたい。 - 自治体サービスのデメリットについて

自治体サービスのデメリットについて

不用品回収を依頼したい。
そのような時に、手軽に利用できるのがやはり自治体サービスを利用することでしょう。
電話を入れてシールを購入するだけで後は廃棄のみという手軽な工程も多くの方が利用しやすい環境を作ってくれているかと思います。
しかしながら、やはりデメリットと言うものも存在しているのです。
では、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか。
いくつか掲げてみましょう。
先ずは「自らが搬出作業を行う」という点でしょう。
どんなに大きなもの・重量感があるものでも自らが指定ゴミ捨て場所まで運び出していただくことと鳴ります。
品目によっては1人では難しいということもあるかもしれません。
これが大きなデメリットと感じる方もいるようです。
次に、氏名を記載したものをゴミ捨て場に「置いておく」というスタイルです。
氏名が見える状態で置いておくことに抵抗感を覚える方もいらっしゃるようです。
申し込みから3日以内の回収が原則であり、長時間放置をするという事は少ないのですが時間までの約束はありませんので、先のようなスタイルが気になるという方も。
次に該当品目について。
家電リサイクル法に指定されているものに関しては不用品回収を行うことが出来ません。
このような背景があることからまとめて不用品回収を行いたいなどと言うときには状況によってスムーズではないという事もあるでしょう。
廃棄量について。
自治体によって変わってくるのですが、1回の廃棄が10品目以内であることなどと言う場合もあり、量を出したい方には向かない場合もあるようです。

関連する記事