不用品回収の流れ

不用品回収の流れを知りたい。流れを知って参考にしたい。 - 回収できないものについて

回収できないものについて

不用品回収を行う際、民間業者ですと「どんなものでも回収をしてくれる」というイメージがあるかもしれません。
実際に、自治体サービスよりも回収品目が多いというのがその魅力でもあるかと思います。
しかし「どんなものでも」というわけではありません。
当然ながら回収不可というものもあるのです。
では、どのような品目がそれに該当するのでしょうか。
先ずは「食品類」です。
生物はもちろんですが、瓶詰めから缶詰・乾物など種類を問わずに食品は回収不可となっています。
中身は可燃ゴミとして・容器は自治体していの方法で廃棄するようにしてください。
そして「生き物」です。
こちらは先ず依頼をするという方はいらっしゃらないと思いますが生き物に関して回収を行う業者は皆無といってよいでしょう。
保護施設やペットショップなどに相談をするようにしてください。
次に薬品瓶や点滴・注射などの医療器具類です。
こちらにおいても一般家庭で出る不用品ではありませんので先ず可能性は少ないかと思います。
こうしたものに関しては専門の回収方法がありますのでルールに従って廃棄するようにしてください。
また、中にはピアノなど特殊で大型のものに関しては回収不可と言うケースもあります。
ただし、ピアノ専門回収業者というものも同時に存在しているかと思いますので、品目外だという場合は専門業者を利用して回収してもらうようにするとよいでしょう。
大きなものについていくつか触れていきましたが、詳細については各業者によって異なってくるかと思いますので査定システムなどを利用したり相談をしてみてください。

関連する記事

:次の記事 →